表具作家 和田 木乃実

WADA KONOMI

ギャラリー

1959年 国見町生まれ(現在の涛音寮にて)

1986年 隣町の国東町に嫁ぎ、義祖父から表装表具を学ぶ

      宇佐市・山口県の表具師に師事

      古い掛軸、額、屏風の修復等を学び、着物や帯を使った独自の創作屏風を制作

1997年 国東半島の中心である国見町に県内外の芸術家の作品発表の場所として「涛音寮」を開館

      変形型や窓開け屏風、すす竹や国東半島の黒竹を使った縁など新しい屏風の開発を進める

2003年 iichiko総合文化センターにて個展

2004年 東京銀座松坂屋にてグループ展

      大分銀行本館にて新作屏風展

2005年 静岡  ギャラリー陶華にて個展

2006年 アクロス福岡にて個展

 ~15年 

2008年 熊本  鶴屋百貨店にて個展

2009年 山口  井筒屋にて個展

      北九州 小倉井筒屋にて個展

2010年 鹿児島 山形屋にて個展

2011年 熊本  熊本県伝統工芸館にて個展

2012年 福岡  桜坂 観山荘にて個展

2013年 熊本  熊本県伝統工芸館にて個展

      北九州 黒崎井筒屋にて個展

2014年 北九州 黒崎井筒屋にて個展

      北九州 小倉井筒屋にて個展

2015年 北九州 黒崎井筒屋にて個展

      北九州  小倉井筒屋にて個展

         長崎    玉屋佐世保店にて催事出展